費用を調整

豪華な家

現場を施工してくれるのは多くの場合建築会社の下請けに当たる業者です。
しかも一社や二社ではなく何十もの会社の人間が現場で工事を行います。
中でも工事の中心となるのは大工工事です。
ユニットのメーカーであれば大工工事のある程度は工場で機会により同品質で施工されます。
しかしどのメーカーでも大工職人は長い日数現場で工事をしています。
ですから他の業種とのパイプ役も果たしており大工職人と関係を築くことで現場で様々な情報を得ることができるのです。
電気関係や水道関係などの相談事も大工職人にできれば大工を通じて各業者に相談ができるのです。
もちろん大工職人と関係を築くためには頻繁に現場に通うことが何よりです。
その際にコーヒーなどのちょっとした差し入れを持っていくことで会話のきっかけを作ることができるのです。

現場で作業している職人と関係を築こうと無理に話しかけたりすることはあまり良いとは言えません。
職人は当然仕事をしているので、霧の悪いところで区切ることは効率面からも品質面からもよいとは言えません。
ある程度作業が区切れたところを見計らって話しかけることをお勧めします。
そのタイミングが分からない場合は12時半から13時くらいに行って昼休憩の時間を利用して話しかけることです。
多くの場合現場では10時と15時に休憩を行います。
もちろん霧の良いタイミングなので日によって多少時間は前後します。
こういった時間帯にちょっとした差し入れを持っていくことでより簡単に話しかけるきっかけがつかめます。
喜ばれる差し入れとして小分けになっているお菓子や缶コーヒー、夏場であれば梅干しや塩あめなどがあります。
もちろん建築会社の人に相談することでより的確なアドバイスが求められます。